第126話「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル7『モノマネキン』」のあらすじと登場キャラクター – アニメ妖怪ウォッチ

第126話 イナウサ不思議探偵社 調査ファイル7『モノマネキン』

2016年7月1日 放送

USAピョンが2人!?と思ったら依頼人としてやってきた“ロボニャンF型”が、USAピョンのモノマネをしていたのだ。そんなロボニャンF型の依頼内容は、弟子である“モノマネキン”のモノマネが最近全然似ていないことへの調査。早速調査を開始すると、モノマネキンはなんと「おとうさん、おとーさん」と発声練習していた!マネキン工場で製造されたモノマネキンにお父さんは存在するのか!?ロボニャンF型とともに工場へ向かうイナホたち。するとモノマネキンの衝撃の過去が明らかに!!

出典: www.tv-tokyo.co.jp

登場キャラクター

過去の放送回はあにてれしあたーで視聴することができます。

第126話のお話

その他のアニメ放送回

コメント一覧

アドレスは公開はされません

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。