【メダルウォーズ】バトルで勝つコツ!メンバー編成とチェンジスキルのタイミング【妖怪ウォッチ】

最終更新日

妖怪ウォッチメダルウォーズでバトルに勝つためのコツを紹介します!

メンバー編成とバトル中の操作(必殺技、チェンジスキルのタイミング)について詳しく紹介します。

メンバー編成

妖怪のタイプを考えてバランス良く

まずはどのようにメンバーを選ぶべきか?

戦う相手によっても変わってきますが、目安としては以下がおすすめです。

  • 攻撃(アタッカー) … 1〜2体
  • 防御(タンク) … 1〜2体
  • 支援(サポート) … 1〜2体
  • 回復(ヒーラー) … 1体

それぞれの役割でどのような妖怪がおすすめかは以下の最強妖怪ランキングで紹介しているので参考にしてください。

最強キャラ(妖怪)ランキング – 総合

妖怪ランキング
妖怪ウォッチメダルウォーズに登場する妖怪(キャラ)について、独自の評価で最...
続きを読む

メインとサブの選び方

バトル中はチェンジスキルを使ってメインとサブを頻繁に入れ替えます。

そのためスタート時のメインとサブはそれほど重要ではありません。

中央の妖怪は最初から攻撃を頻繁に受けがちなのでHP、防御が高い妖怪が良いでしょう。

 

スタート時のポジション以上に重要なのが、開幕直後に発動するチェンジスキルです。

バトル開幕直後にチェンジスキルが1つ使えるのでそこで何を使うかが大きなポイントとなります。

おすすめは「転倒」「凍結」「気絶」「ダメージ無効」「シールド」など敵の攻撃を無効化するスキルです。

これらのスキルを持つ妖怪はサブに入れておき、いつでもチェンジスキルを発動できるようにしておきましょう。

[PR]

必殺技を使うタイミング

妖気ゲージがたまり妖怪の上に「READY!!」と表示されれば必殺技を発動できます。
妖怪の性質によって必殺技の内容も異なります。敵を弱体化させてからアタッカーで攻撃するなど、必殺技を上手く組み合わせて敵を倒しましょう。

チェンジスキル

メイン妖怪とサブ妖怪を入れ替えるときに発動するスキルを「チェンジスキル」と言います。チェンジスキルは必殺技とは別に、チェンジゲージがたまると使用することができます。

位置を変えてチェンジ可能

サブ妖怪をドラッグしてチェンジしたい妖怪の上にもっていくとチェンジエリアが青色に表示されます。チェンジエリア内では自由にチェンジする位置を変えることができます。

チェンジエリアを選んでいる間、バトルの動きがゆっくりになります。(リアルタイムバトルを除く)

落ち着いてチェンジする位置を選びましょう。

敵の必殺技を回避!

敵が必殺技を使ってくるときに赤い範囲が表示されます。

このタイミングでチェンジスキルを使い、チェンジエリア(青い範囲)内でかつ敵の攻撃エリア(赤い範囲)外にサブ妖怪を持っていくと敵の必殺技を回避することができます。

役割を考えてチェンジ位置を選ぶ

回復や支援をする妖怪、遠距離から攻撃する妖怪は敵の後方に下げる。

防御タイプで敵の攻撃を受け止める妖怪は敵の近くに配置する。

など、役割を考えながら妖怪のチェンジ位置を選ぶと、効率よく働いてくれます。

HPを回復する方法

後衛に下げて回復

バトル中にHPが減ってしまったら、チェンジで後衛に下げましょう。待機中のサブ妖怪はHPと妖気ゲージが時間経過で徐々に回復します。

スキルや必殺技で回復

ヒーラーと呼ばれる回復型の妖怪が持つスキルや必殺技にはHPを回復するものがあります。誰に対してどの程度回復できるのか確認しておきましょう。

回復タイプの妖怪(キャラ)一覧

妖怪
妖怪ウォッチメダルウォーズに登場する回復タイプの妖怪(キャラ)一覧を紹介します...
続きを読む

戦闘不能から復活

バトル中の妖怪のHPがゼロになると戦闘不能となります。倒れてしまった妖怪とはチェンジができないので、前衛の妖怪全員が倒される前に味方を復活させる必殺技などで復帰させましょう。

「復活」のスキル、必殺技を持つ妖怪まとめ

妖怪
妖怪ウォッチメダルウォーズで「復活」効果のチェンジスキル、必殺技を持つ妖怪を...
続きを読む

どうしても勝てないときは…

妖怪の能力がまだ足りないのかもしれません…

妖怪のレベルアップ、スキルレベルアップ、装備の選定も重要です。

以下の記事を参考に妖怪の育成・強化を検討してみてください。

妖怪の育成・強化する方法まとめ

妖怪の育成
妖怪ウォッチメダルウォーズで妖怪を強くする方法(育成方法)を紹介します。 ...
続きを読む

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら