【妖怪ウォッチ1】虫採りについて解説!【スイッチ】

最終更新日

「妖怪ウォッチ」ではマップ上の木や草の茂みを調べることで、虫採りができます。

虫採りのメリット

ストーリー開始直後からできる虫採りですが、最初のうちは様々な虫を採っても特にメリットはありません。

第5章になると、虫や魚とアイテムを交換できるジャングルハンターが利用できるようになるので、虫集めをするなら第5章以降にしましょう。

虫の種類

虫には通常のもとと、名前の後ろに★が付いているレアなものの2種類があります。

また、売値が高いほど見つけにくい傾向があります。

名前 場所 売値 レアの売値
ミンミンゼミ 商業地や住宅街の木 54 108
アブラゼミ 裏山、古い住宅街、アーケードの木 105 210
ヒグラシ 昼間の団々坂、さくら中央シティの木 156 312
カブトムシ 裏山や河川敷の木

夜の方が見つけやすい

1500 3000
オオクワガタ 夜のおおもり山の自然の多い場所の木 2400 4800
ノコギリクワガタ 裏山や河川敷の木

夜の方が見つけやすい

540 1080
ショウリョウバッタ 草の茂み 75 150
カマキリ 草の茂み 183 366
トノサマバッタ 草の茂み 222 444
ホタル 夜の川、池 780 1560
アゲハチョウ

昼の方が見つけやすい

141 282
カミキリムシ 168 336
ハナムグリ 草の茂み 96 192
テントウムシ 草の茂み 60 120

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら