【妖怪ウォッチ1】Switch版は何が変わった?3DS版との違いまとめ!【スイッチ】

最終更新日

Nintendo Switchでリメイク版として発売された『妖怪ウォッチ1(初代)』は3DS版からどんな風に変わったのか、3DS版とSwitch版で違う部分について、まとめて解説します。

発売直後のため、現在この他にも3DS版と異なる要素がないか調査中です。違うところがあれば随時更新いたします。

Switch版で違うところ

グラフィックがきれいになった

3DSからSwitchになったことでグラフィックがきれいになりました。

ただし、妖怪ウォッチ4のように等身やイラストが変わったわけではないので、3DS版と妖怪ウォッチ4の中間くらいのグラフィックです。

操作性が変わった

2画面だったものが1画面になり、タッチ操作も非対応のため、操作面では色々な変更が加えられています。

バトル中の操作はすべて1画面にまとまり、下画面に表示されていた必殺技のミニゲームなども同じ画面に表示されるようになっています。

タッチ操作がなくなり、スティック操作のみになったので、必殺技ミニゲームやサーチが少し難しくなっています。

さすらい荘のシステムが変わった

さすらい荘は3DS本体機能の「すれ違い通信」を利用した要素でしたが、Switchにはすれ違い通信機能がないので、妖怪がさすらってくる方法が変わっています。

妖怪アーク対応になった

Switch版は妖怪メダル非対応ですが、妖怪アークや妖聖剣に対応しています。

ふしぎなレンズがなくなった

3DSのカメラを使って妖怪を写して遊べる要素「ふしぎなレンズ」はSwitchにカメラ機能がないため、遊べなくなりました。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら