百鬼夜待(ひゃっきやたい)の使い方と活用法!

妖怪ウォッチワールドで妖怪とのバトルを保留できるシステム「百鬼夜待」の使い方と活用方法について解説しています。

百鬼夜待とは?

百鬼夜待はサーチで発見した妖怪とのバトルを保留しておくシステムです。

外出時などすぐにバトルできない状況の時に活用すれば、帰ってからゆっくりバトルに挑戦できます。

使い方

サーチで発見した妖怪とバトルするかの選択時に表示される「あとで」を選択すると妖怪が百鬼夜待に送られます。

送られてから24時間が経過すると自動的にいなくなるので注意しましょう。

バトルする際は妖怪パッドから「百鬼夜待」を選択すれば、場所を問わずバトル可能です。

挑戦状の妖怪も百鬼夜待へイベントなどで「ゆうびん」に挑戦状が届いた妖怪も百鬼夜待で登場します。

この場合は挑戦状を受け取った時点で自動的に百鬼夜待に送られています。

百鬼夜待の活用方法

外出時のバッテリー消費減

妖怪ウォッチワールドは起動中にかなりバッテリーを消費するので、バトルだけでも保留しておけば消費を減らす事ができます。

すぐにバトルできない場所や移動中の活用はもちろん、バッテリー消費を減らすという意味でも外出時は百鬼夜待の活用をおすすめします。

バトルメンバーの回復待ち

プレイヤー階級がミジンコ初段以上になると「バトルメンバーが受けたダメージは時間経過での回復」となり、気絶した場合には全回復まで数時間を要します。

メインのバトルメンバーがダメージを負っている(気絶している)時など、すぐに戦うのが難しい場合は百鬼夜待に送って回復してから挑みましょう。

チョーシ堂クエスト用に保留

ウォッチランクを上げるチョーシ堂のクエストには「◯ランクの妖怪を◯体ともだちにする」という条件があります。

この条件はクエスト発生以降に達成した分しかカウントされないので、24時間以内にクリアできそうな時は次のクエストに備えて百鬼夜待を活用してみましょう。

コメントお待ちしております