【妖怪ウォッチ4】キャラクター(ウォッチャー)の加入時期と特徴まとめ!【ぼく空】

最終更新日

『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている(妖怪4/ぼく空)』に操作キャラクターとして登場する6人のウォッチャー(ウォッチ使い)の加入時期と特徴を紹介します。

6人のウォッチャー

妖怪ウォッチ4では6人のキャラクターがウォッチャー(ウォッチ使い)としてバトルに参戦します。

ストーリー進行度に応じて切り替えが制限される場面などはありますが、正式加入したウォッチャーはいつでも切替可能・自由に操作可能です。

ケータ

第1章で登場しますが第2章は操作できず、第3章から自由に切り替えられるようになります。

攻撃も味方のサポートもできるバランス型のウォッチャーです。

ナツメ

第2章から操作できるようになります。以降は自由に切替できます。

回復や強化などサポートが得意なヒーラー型のウォッチャーです。

トウマ

第2章のストーリーを少し進めると操作できるようになります。以降は自由に切替できます。

憑依召喚、鬼の手など攻撃に特化したアタッカー型のウォッチャーです。

アキノリ

第2章から登場しますが、操作できるようになるのは第3章からです。以降は自由に切替できます。

防御力アップ、敵の引き付けなど守備が得意なタンク型のウォッチャーです。

フミ

第1章から登場し、第5章で一時的に操作できますが、正式加入して自由に切り替えられるのは第6章からです。

回復に特化していて、ヒーラー型のウォッチャーです。

シン

第4章から登場して一時的に操作できますが、正式加入して自由に切り替えられるのは第8章からです。

敵の弱体やトラップなどが扱えるシューター型のウォッチャーです。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら