【妖怪ウォッチ4】役割の意味と特徴まとめ!役割別の活用方法【ぼく空】

最終更新日

『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている(妖怪4/ぼく空)』のウォッチャーや妖怪の役割について解説します。

役割とは

バトルに参加するウォッチャーや妖怪の特徴を表します。全部で5つの役割が用意されています。

ウォッチャー 人間の妖怪ウォッチ使い。

ウォッチャーによって特徴が異なる。

アタッカー 物理攻撃が強力な妖怪。

敵に近づいて、剣や拳でガンガン攻撃する。

タンク 防御が固く、敵をひきつける妖怪。

みんなの盾となってがっちりガードする。

ヒーラー 回復を担当する妖怪。

傷ついた味方をいやしたり、強化したりする。

シューター 妖術攻撃がメインの妖怪。

遠くの敵を狙って、テクニカルに攻撃する。

[PR]

役割の確認

妖怪の役割は、ステータス画面の上部で確認することができます。

ウォッチャーの役割は、それぞれが持つ妖怪ウォッチの特徴に沿ったものとなります。

役割の活用方法

ウォッチャーや妖怪は、役割によってバトル中の行動パターンが異なります。アタッカーであれば前に出てガンガン攻撃しますし、ヒーラーは回復技を重視します。

またステータスや習得する技は、おおよそ役割に沿ったものになっています。パーティを編成する際には、まず役割を見ることで戦いやすいパーティにすることができます。

ウォッチャーと妖怪の相性も重要です。例えば回復能力に優れる「フミ」の場合、ヒーラーの妖怪を外すのもひとつの選択肢になるでしょう。

自分のプレイスタイルとウォッチャー、妖怪の役割を考えながら、ベストなパーティ編成をしましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら